株主・投資家情報

株主・投資家情報

コンプライアンス

コンプライアンス方針

フジ・メディア・ホールディングス(以下、「当社グループ」という)は、「放送事業」を中核に、多様な業種・業態からなる「認定放送持株会社」です。放送事業では国民の共有財産である電波を使用し、様々な番組を制作して送り出しています。それだけにグループ全体が常に社会全体に思いを馳せ、「高い法令遵守の意識」「使命感」「倫理観」を持ち続けなければならないと認識しています。
また当社グループは、社会からの信頼を失墜しないために「コンプライアンス体制」の確率が何より重要と考えています。
一般的に「コンプライアンス=法令遵守」と理解されますが、それにとどまらず、例えば放送業界における民放連の「放送基準」「報道指針」のような、それぞれの業種・業態ごとのガイドラインやルール、さらに各社の「内規」や「企業倫理」についても重視しています。

コンプライアンス体制

当社グループでは、「グループのコンプライアンス及びリスク管理等に関する規程」に則り、グループ各社は「コンプライアンス方針」「必要な体制」を整備し、社内での様々な取り組みを行っています。
それに加え、当社グループでは合同のセミナーなどを通じて、グループ全体の意識の向上に努め、社会からの信頼に常に誠実に応えていきたいと考えています。

詳しくは、「内部統制」をご参照ください。

コンプライアンスの取り組み

◆教育・研修の取り組み
・当社グループ各社のコンプライアンス役員が参加する「グループコンプライアンス等担当者会議」、実務を行うメンバーによって構成された「グループコンプライアンス等実務者会議」のそれぞれを年2回実施しています。「グループコンプライアンス等担当者会議」は、当社グループ各社に関連する最新の法令・規制動向の情報共有や、コンプライアンスの取り組みに関する情報共有を行います。2016年度は、増田英次弁護士より、コーチングや心理学を利用し「社員をいかに主体的にコンプライアンスを守る人材に育てるか」について講演をいただきました。

・フジテレビが自社で実施したeラーニングによるコンプライアンス研修は当社グループ各社へも提供されており、その実施範囲は毎年拡大しています。

◆意識向上の取り組み
昨年度より、コンプライアンスの向上に努力した当社グループ各社に対し、「コンプラがんばった大賞」を授与しています。

2016年度大賞:
(株)ニッポン放送
(受賞理由)サイバーテロ対策等
2015年度大賞:
(株)フジアール
(受賞理由)障害者雇用の促進
 
(株)NEXTEP
(受賞理由)労働環境改善への取り組み

グループ内部通報制度の充実化

当社グループが一体となってコンプライアンス活動を推進するため、各社で働く方が利用可能な「FMHグループ内部通報制度」を整備し、あわせて、円滑な運用と活動促進のため、「FMHグループ内部通報ガイドライン」を作成し、グループ各社内での周知を行っています。

ページトップへ